特集☆スミスマシン購入サイト6選

ホーム > スミスマシンとは > スミスマシンの主な特徴と有効性

スミスマシンの主な特徴と有効性

 スポーツクラブに足を運ぶと多種多様なトレーニングマシンがあり、はじめての方でも安全に体全体を鍛え上げることができます。
トレーニングマシンに慣れてくれば、積極的に利用したいのがスミスマシンになります。
さまざまなエクササイズが可能なスミスマシンですが、使用の仕方が理解できないために活用していない方が非常に多いです。
スミスマシンを活用することによって体を動かすことで、ほかのマシントレーニングとは異なる刺激を筋肉に対して与えられます。
一見すると、フリーウェイトの様に感じられますがバーベルそのものがレールに固定化されており、レールに沿いながら上げ下げできるというマシーンになります。
立ちっぱなしで利用することもできますし、ベンチと併せて用いることで座った姿勢でもトレーニングできます。

 スミスマシンは、バーの軌道そのものが垂直に作動するものそれから、傾斜しているタイプがあります。
傾斜しているマシーンをスーパースミスマシンと言うこともあります。
使用方法は同じですが、スーパースミスマシンに関しては、運動する際の身体の向きに注意する必要があります。
ひとつの例としてベンチプレスのケースでは、傾斜がセットされていることにより、バーに関しては垂直でなくて斜めに上昇することになります。
身体の向きによりまして頭へ持ち上げるのか、或いは腹部へ持ち上げるのかという相違が出ます。
そうなってしまうと刺激するパーツが異なるので、スーパースミスマシンを活用する際は自分自身の身体の向きにも留意が必要です。
また、バーの重量はマシーンにより違いますが、おおよそ15kgと想定して重量を配置しましょう。

 スミスマシンは、作動する軌道そのものが限定されます。
その影響で、作動中に突然にバランスが失われても、フリーウェイトの様に体勢を崩して怪我するといったリスクが低く、セーフティーにトレーニングできます。
さらに、セーフティーバーがセットされていることから、体勢を崩した時や、持ち上げきれずにつぶれた場合でも半ばでバーが止まります。
加えて、ウエイトマシンとは違い、一台のマシーンによっていろいろな部分のトレーニングができます。
従来のウエイトマシンに関しては、1つの部分に対し1つのマシーンとなっていて、異なる部分を鍛え上げるにはマシーンを切り換えることが必要です。
スポーツクラブによりましては、マシーンの総数があまりなく、鍛えたい部分のマシーンが備えてない場合も少なくありません。
その際はスミスマシンを有効に活用すると賢明でしょう。

次の記事へ

MENU