特集☆スミスマシン購入サイト6選

ホーム > スミスマシンとは > スミスマシンの特徴と向いている人とは

スミスマシンの特徴と向いている人とは

 スミスマシンというのは、付属しているバーベルの上下に動く軌道が先だって固定化されているのが主な特徴のマシーンです。
バーベルの両端においてガイドが実装されており、こちらのガイドに沿いながら動作することを通じて、安定感がある動作で一生懸命に取り組むことのできる筋トレマシンになります。
普通のスポーツジムならば、たくさん浸透しているマシーンであり、バーベルの上下の作動については、フリーウェイトと変わらない作動でありながら、その軌道自体が固定化されていることによる安定性の卓越性や、 手首を利用することによってバーベルを返すことにより容易にバーベルを置けるため、使用者を選ばず安全で効果が見込めるトレーニングマシンです。
ですから初心者から上級者まで幅広く活用されています。

 そして、完全に大胸筋を追い込みたい方に関しては、スミスマシンを効果的に利用してベンチプレスを実施するのが有効といえます。
たしかに補助の方がいるなら、オーソドックスなベンチプレスを利用することによって追い込むことが可能ですが、周囲にアシストしてくれる方がいなかったら、当然リスクがあります。
スミスマシンならば、ラックに対してストッパーを付け、セーフティーにトレーニングを継続することができます。
追い込む際にフォームをおかしくなる方が非常に多いですが、スミスマシンが軌道を安定化させてくれるので、ラストまで適正なフォームで大胸筋を鍛え上げることができます。
それとは反対に、周囲にアシストをしてくれる方がいるとしたら、オーソドックスなベンチプレスでも良いでしょう。

 それに加えて、リハビリを行っている方にも、スミスマシンを使用したベンチプレスが奨励できます。
スミスマシンに関しては右と左のバランス状態が良くなくてもバーは上昇します。
肩並びに腕それから、手首を怪我している方が突発的にオーソドックスなベンチプレスで実施すると、バランスが失われて、患部に対して負担が加わってしまったり、フォームそのものがアンバランスになって均衡を崩したりします。
そうなってしまってはトレーニングという形で良い効果を得ることができず、怪我を再発することも想定されます。
スミスマシンについては軌道自体が安定していて、パワーに左右差があったとしてもトレーニングを継続することができます。
怪我していたり、リハビリでウエイトに戻る時は、スミスマシンを活用してベンチプレスを実施すると無難です。

MENU