特集☆スミスマシン購入サイト6選

ホーム > スミスマシンとは > スミスマシンを活用するメリット

スミスマシンを活用するメリット

 最近注目されているスミスマシンというのは、パワーラックの様な見た目をした筋トレの機器です。
よくあるようなジムならば、パワーラックのすぐ近くに一台は存在するぐらい、広範囲に知られて市民権を得ているマシーンです。
パワーラックとの相違点として、バーベルに関してはスミスマシンのラックのガイドに沿いながら、上と下に固定されている軌道で作動するようになっています。
その結果、バーベルそのものが左右前後にブレることがなく、上と下の挙上運動に注力して訓練出来る点が特徴といえます。
さらに、バーベルを固定しているフックについても、だいたい10cm間隔で上から下まで複数連なっていることから、バーベルの挙上をスタートする高さを容易に調整可能など、取り扱いも容易なマシーンになります。

 スミスマシンに関しては、バーベルの動きそのものがガイドに沿いながら上げ下げするようになっていますので、ガイドのバックアップがないフリーウェイトのバーベルよりも、現実問題として安全といえます。
スミスマシンのガイドのバックアップがある場合、挙上運動時にバーベルがグラつくことを意識する必要がなく、その上、限度一杯になってそれ以上上げられなくなった場合手首を返しウェイトをフックに引っ掛け固定していけば問題ありません。
一方、フリーウェイトの状態でバーベルを挙上するケースになると、バーベルをそれ以上上げることが不可能になってしまうと、最悪の場合バーベル自体が自分自身の上に落ちてしまいます。
これに対し、スミスマシンは、ウェイトを元の位置まで持ち上げられなくても支障がないので、安全性が高いといえます。

 スミスマシンの実効性のある使用方法として、高い負荷の挙上を実施する際にスポッターを要しないということがあります。
スポッターというのは、トレーニングしている間に補助を行なってくれる人です。
ひとつの例としてベンチプレスにおいて高い負荷のウェイトを挙上するケースでは、念の為スポッターの存在が大事になってきます。
あらためていうまでもなく、パワーラックにおいてフリーウェイトのベンチプレスを実施するケースでも、セーフティーバーを活用すれば安全ですが、スミスマシンもセーフティーストッパーが通常装備されていることから、ストッパーの高さに比べて下側にバーベルが落ちることはありません。
結果、高い負荷の挙上をリピートするケースであっても、スポッターのバックアップが必要ないという利点があります。

次の記事へ

MENU